カテゴリー: ピコレーザー 経過

革新的なピコレーザーと経過チェック

30代に入るとシミなどの色素沈着で悩む女性が増えます。シミには様々な種類がありますが、最も多いのが老人性色素斑と呼ばれるシミです。紫外線が主な原因で、中年以降に増えます。顔に生じる小さな茶褐色の斑点はソバカスと呼ばれます。ソバカスは遺伝性が強い色素沈着で、思春期以降になると目立つ傾向があります。炎症後色素沈着はニキビや火傷、化粧品のトラブルなどで生じた炎症が治った後にできます。性別や年齢、部位に関係なくできますが時間が経つと徐々に薄くなります。皮膚は表皮と真皮で構成されていますが、シミに深く関係するのは表皮です。表皮は表皮細胞とメラノサイトから構成されています。紫外線を浴びると、メラノサイトから指令が出てメラニン色素が生成されます。

通常であれば肌のターンオーバーによってメラニン色素は剥がれ落ちていきますが、何らかの原因でターンオーバーが乱れるとメラニン色素が肌に残ってしまいます。シミが生じる原因の多くが紫外線で、長年紫外線を浴びていると肌がダメージを受けて細胞の再生能力が低下します。メラニンを排出する力も弱くなり、シミが目立つようになります。社会人になって不規則な生活を続けたりストレスが多い生活を続けていると、血行が悪くなりメラニンの排出がさらに遅れます。シミを改善したい場合、様々な治療方法があります。

最も患者数が多い老人性色素斑は、レーザー治療が適しています。医療用レーザーには様々な種類がありますが、最近注目されているのがピコレーザーです。ピコレーザーは従来の医療用レーザーに比べて、短期間で高い効果を発揮できる革新的なレーザーです。世界で初めて開発されたPicoSureはシミやシワ、ニキビ跡はもちろん入れ墨にも対応することができます。

ピコレーザーを治療に使っているクリニックの中には、経過を写真付きで公開しているクリニックもあります。経過写真を見ると、ピコレーザーの効果が一目瞭然です。ピコレーザーはナノ秒よりもさらに短い時間で照射することが可能です。熱作用がほとんどなく、衝撃波で色素をパワフルに粉砕します。炎症後色素沈着を起こしにくいので、安心して治療を受けることができます。PicoSureはアメリカ食品医薬品局の許可を取得しています。755nmの波長を使うので、低いエネルギーでも高い効果が期待できます。PicoSureはFOCUS照射ができるため、点状出血の心配がないです。肌を傷つけることなく真皮のエラスチンやコラーゲンを増やし、シミだけでなくニキビやシワも改善します。

従来のレーザーでは効果がなかった人でも改善が可能で、くすみや炎症後の色素沈着も解消することができます。肌の若返りも可能なので、エイジングケアに活用している人もいます。ピコレーザーは高い治療効果を発揮する医療用レーザーですが、ダウンタイムが短いのが特徴です。従来のタイプだと7日程度のダウンタイムが必要になりましたが、PicoSureならダウンタイムがわずか24時間なので仕事を持っている人でも気軽にレーザー治療を受けることができます。Qスイッチレーザーのように熱を発生させずに色素を破壊するので、カサブタになりにくいのも特徴です。

肌の状態に合わせて総合的なケアができ、治療回数も従来のレーザー治療の約半分で済みます。粒子レベルで色素を粉砕するので、カラフルなタトゥーにも対応することができます。大人ニキビができるとフェイスラインに色素沈着が残りやすくなりますが、PicoSureはニキビ跡の色素沈着にも効果的です。アートメイクが消えなくて困っている場合も、たいていは2回から3回で除去できます。