ピコレーザーNAVI

   

話題の美容機器ピコレーザーと料金

日本では高性能の美容機器が人気を集めていますが、ピコレーザーも人気が高い美容機器のひとつです。
ピコとはPicoのことで、レーザー機器から出る光の時間の長さになります。
レーザーの光は目的別にパルス幅が分かれています。
シミやタトゥーのインクを除去する場合はパルス幅が短いものを使います。
ピコレーザー以前のレーザーはメラニンの黒い色に反応し、シミなどの色素沈着やタトゥーの色素を熱で破壊します。
パルス幅に限界があり小さな標的が残ってしまう問題がありましたが、ピコレーザーだと小さな標的も破壊することができます。
肌に優しいのが特徴で、日本ではタトゥー除去にもよく使われています。
従来のレーザーだと照射しても色が取れにくいので出力を上げる必要があります。
出力を上げると水ぶくれや出血のリスクがあり、正常な皮膚もダメージを受けて瘢痕と呼ばれる跡ができます。
ピコレーザーは出力を無理に上げなくてもタトゥーを除去することができるので、皮膚に対するダメージがとても少ないです。
ターゲットを絞って短時間でレザー光を出すため、痛みも抑えることができます。
小さなターゲットをピンポイントで破壊することができるので、周囲の皮膚に対する熱の影響や痛みも少なくて済みます。
傷跡も残りにくく料金もリーズナブルなので多くのクリニックで導入されています。
このレーザーは様々な肌のトラブルに利用することができます。
シミやニキビ跡、あざに加えて毛穴の開きにも使えます。
シミやあざの治療にはレーザーが使われることが多いですが、このレーザーなら深いシミや火傷による色素沈着にも効果が期待できます。
あざには様々な種類がありますが、ADMのあざも複数回の治療で治すことが可能です。
肌の生まれ変わりを促し若々しい肌を取り戻すことができ、ケアなの開きも改善できます。
レーザーの熱でコラーゲンが生成され肌が活性化します。
美白効果で肌全体が明るくなります。
色素の粒子を細かく粉砕できるのもピコレーザーの特徴です。
細かく粉砕されると体の代謝機能でスムーズに排出されやすくなり、少ない回数で治療を終えることができます。
治療回数には個人差があるので、同じ治療を受けても回数が異なることがあります。
濃いシミで悩んでいる場合はピンポイントで薄くしていきます。
革新的なレーザーで炎症後色素沈着を起こしにくく、アンチエイジング治療にも利用できます。
肌を傷つけることなく真皮のコラーゲンやエラスチンを増やし、ニキビ跡やシワも改善します。
従来のレーザーだとダウンタイムを心配する人もいましたが、ダウンタイムが短いので日常生活にもほとんど影響が出ないです。
仕事を持っていても気軽に施術を受けることができます。
海外ではタトゥーをファッションで入れるアーティストや音楽家も多く、留学してタトゥーを入れて帰国する人が増えています。
海外ではファッション性の高いタトゥーも日本では刺青と呼ばれ敬遠されることが多いです。
タトゥーが入っていると入場を断られる銭湯や温泉がほとんどで、就職や結婚にも支障が出ます。
最近は就職や結婚の前に専門のクリニックに通ってタトゥーを除去する人が増えています。
従来のレーザーだとカラフルな刺青の除去は無理でしたが、ピコレーザーは色素を粒子レベルで粉砕するので色つきのタトゥーでにも対応することができます。
治療も2ヶ月程度なので、従来のレーザー治療よりも短期間で治療を終えられます。
治療を受ける場合は自費診療となるので、クリニックごとに料金が異なります。
ホームページを持っている専門クリニックは料金を掲載しているところが多いので、事前にチェックすることができます。

あざ , コラーゲン , シミ , シワ , タトゥー除去 , ダウンタイム , ニキビ跡 , 後遺症 , 料金 , 火傷痕