毛穴にも効く?ピコレーザーで美肌を手に入れる ニキビ跡、色素沈着にも効果あり?

トピックス

 

毛穴治療にもピコレーザーがおすすめ?

シミ取りレーザーとしれ知られるピコレーザーですが、ピコレーザートーニングで毛穴にも効果があると言えます。毛穴に関しては、1回で効果が出るというよりも、複数回でより効果を感じやすいです。シミやハリがでる、美肌になるでしたら、1回で効果を大きく感じる人が多くいますが、毛穴は毛穴が大きく深いほど、回数を多く重ねて、実感できるものです。もし、毛穴やニキビ跡効果をだしたい、あるいは、色素沈着を改善したい、のであれば、ピコレーザーの5回コースなど、まとまった回数のコースのほうが安く、そして続けやすいのでおすすめです。

頬などで毛穴の開きが目立つようになってしまいました。老けた印象になるので治したいと思いピコレーザーを受けることにしました。どの程度の効果があるか半信半疑だったのですが、治療前に比べると毛穴は小さくなっています。気のせいかもしれませんが、肌のハリも良くなっているように思います。良い効果を実感しているので、先生の指示に従いもう少し治療を続けるつもりです。(40代・女性)

引用元:毛穴レス肌への救世主!ピコレーザーを徹底解明

ピコレーザーを半年で5回照射した結果、このような効果が出ました! ・いちご鼻の毛穴・黒ずみが軽減 ・縦長だった毛穴が引き締まってきた ・肌色が均一になってきた ・くすんでいた肌から色白へ ・肌ツヤが向上 ・肌ざわりがツルツルに ・ニキビ跡が薄くなった ・茶あざが取れた ・シミが薄くなった きちんと効果が出てとても満足しています。

引用元:ピコレーザー5回照射後の経過画像 シミと毛穴が減ってる…!??

毛穴やニキビ跡や色素沈着に ピコフラクショナルも効果的

ニキビ跡や色素沈着にもピコレーザーはおすすめです。ピコレーザートーニングを単品で行うよりも、ピコフラクショナルレーザー等の併用をすることでより効果を見込めます。

ピコフラクショナルレーザーをお肌に照射することで、お肌の深いところ「真皮層」にある繊維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンの生成を促してくれます。 コラーゲン・エラスチンはお肌に弾力を与えてハリを作ってくれるので、お肌の奥の方からふっくらとお肌が再生され、毛穴・皮膚のデコボコなどの肌質が改善しているのがわかります。 また、ピコトーニングレーザーで色素に対してアプローチをしていくことで、お肌の色がトーンアップしお肌がとてもきれいになりました。

引用元:ピコフラクショナルレーザー毛穴やシミ・ニキビ跡への効果はいつから?経過を写真で徹底解説!!

 

ピコレーザーで失敗 ピコレーザートーニングは効果がない?

濃いシミにも言えることですが、ニキビ跡や色素沈着や毛穴を、ピコレーザートーニング一回で完治させられるほど効果はありません。前述したとおり、他の治療と併用したり、複数回施術を行うことが、ニキビ跡や、毛穴、色素沈着の解決の糸口です。また、ピコレーザー後は、紫外線ケアなどのアフターケアも入念に行ってください。ピコレーザー後は、刺激に弱い状態なので、紫外線などの刺激がもとで、シミが消えないということになりかねません。毛穴やニキビ跡に注力しすぎて、シミができてしまったら、もったいない上に失敗したと感じてしまうことになるので、アフターケアを大切にしましょう。

薄いシミを無くすピコレーザー

ピコーザーは、一般的にシミやシワなど美容の大敵であると考えられているものに対して効果的です。本来、美容治療で利用されるレーザーはメラニン色素に対して反応するものがほとんどであるため、非常に大きな熱エネルギーを持っています。こうしたレーザーは、確かにシミなどの余計な物質を取り除くのに役に立つことは間違いありませんが、直接的な美肌効果は薄く大きな熱量によって他の肌を傷つけてしまう可能性もあります。実際に、一般的なレーザー治療で使われる医療機器には、肌にかさぶたを作ってしまう位の熱エネルギーが存在します。ですから、使い方を間違ってしまうと大きなケガにも繋がってしまう危険性のあるものです。一方で、ピコレーザーは短期間で大きな効果を発揮してくれる画期的なレーザー機器として開発されました。一般的なメラニン色素だけではなく、美容に関連するものであるのならばほとんどのものに対して応用することができるメリットが存在します。実際に、ニキビ跡にも利用できますし、タトゥーなどを除去したいときにも使うことができます。特に、日本国内だけではなく医療大国であるアメリカで認められた医療機器であるという点が非常に大きいです。アメリカには、様々な人種が存在していますので、それらの人種に合わせた高性能な医療機器の開発が行われています。そういった中で開発されたのが、ピコレーザーです。しかも、このレーザーは一種類だけ提供されているわけではなく色々な種類が提供されています。光の波長を変化させることによって、それまでのレーザーと比較しても種類を差別化しやすくなっています。実際に、メラニン色素に対する治療に関しても従来までのレーザーと比較して低エネルギーで治療することができるようになっていて、肌へのダメージが理論的にも小さくなる仕組みです。何よりも大きいのが、肌の表面に対する熱エネルギーの影響の小ささにあります。上記のように、一般的な医療レーザーには大きな熱エネルギーが含まれていますので、使い方を間違えると皮膚がやけどをしてしまいます。特に、薄いシミを消す際にメラニン色素を焼くときにはほとんどの場合でかさぶたを作ることになります。この場合、周辺の肌への影響も大きくなってしまう可能性を否定できず、どのような症状になるのかも予測できないことがあります。一方で、低エネルギーで利用するピコレーザーは肌へのダメージが小さい上にシミやシワを治療できるという大きな魅力が存在します。これは、美肌を作るときにとても効果的です。なぜかというと、ダウンタイムが存在しないからです。どのような施術を利用したとしても、基本的には肌へのアフターケアとして肌のダメージを抜くための期間が必要になります。このレーザーでは、そうした期間が必要にならず、むしろ肌に対して良い影響を与える可能性もありますので、若返り効果が存在するものとして注目を浴びているのです。さらに、ピコというのは、ナノ秒よりもさらに短期間の秒数のことを意味しますのでその超短期間の中で照射を繰り返すという大きな特徴があります。つまり、長い時間をかけてレーザーを照射する従来までのレーザーとは根本的に異なる性質があるわけです。長期的な熱作用がほとんどないわけですから、肌への安全性という側面からもそれまでのものと比較して非常に高い信用性があります。実際に、ピコレーザーには肌の状態を活性化させる、あるいは若返りに役立つと考えられているコラーゲンなどを増加させる効果が存在すると考えられています。シワやシミを改善する過程で肌を綺麗にできるわけですから、一石二鳥のレーザー機器だといえます。

タイトルとURLをコピーしました