新しい次世代美容施術マシンのピコレーザーの原理とは?

ピコレーザーは次世代の美容施術用のマシーンといわれている機器で、シミ取りからタトゥー除去などまで対応できるといわれ、美容外科業界などで話題になっている次世代マシーンなのです。このピコレーザーは従来のレーザーであるナノ秒レーザーとは異なる新しい原理で施術できるようになっています。
ピコレーザーにはパルス幅がナノ秒よりももっと短いピコ秒というレーザー光が照射できるのです。そのことによって画期的なスピードと優しい治療が両立でき、気になるシミやくすみ、アザや色素沈着などの肌の悩みを始め、タトゥーなどの除去においてこれまでとは段違いの効果をもたらしてくれるという機器なのです。ピコレーザーのピコはレーザー機器から照射されるレーザー光の時間の長さを示しているといわれ、まばたきの速さの1000億分の1秒というとても短い時間で作用するのです。
このレーザーと従来のレーザー治療の違いは、小さな標的も破壊することができるという機能性が向上されているという点でもあります。従来のレーザー治療であればメラニンに反応するタイプのレーザー光が用いられ、表皮などの黒色に反応することで、シミやタトゥーなどを熱で破壊するという仕組みになっていたのです。しかしこの方法には限界があり、10ナノ秒くらいまでしか作用できないということがあったのです。しかし、実際はメラノソームの大きさといわれるもっと小さなターゲットの標的は残ってしまうということになっていたのです。この点をこのピコのレーザーは解決することでき、従来のレーザーでは破壊できなかった小さな標的に作用することができるというメリットがあるのです。また、照射もより細かくすることができるようになるため、より肌に優しい治療が期待できるといわれているのです。
肌に優しいということは肌に対するダメージが少ないということなのです。このタイプの新しいレーザーでタトゥーを除去したいという時、これまでの方法であれば照射を重ねるとだんだんと色が取れにくくなってくるということが課題でもあり、それを防ぐためには出力を上げるようになっていたのです。そうすることで広範囲の肌ダメージにつながっていたのです。それだけでなく、タトゥーを入れていない周りの正常な細胞もダメージを受けてしまって、ボコりボコりとした傷跡が形成されてしまうという問題があったのです。
しかし新しいピコタイプのレーザーなら出力を上げなくてもこうした色を採ることができ、周りなどの正常な細胞へのダメージは従来よりも非常に少なく成るというメリットがあるのです。そのため、傷跡も残りにくくなるという利点も得られます。
また、こうした肌への照射ダメージが少ないことで施術後等の痛みが少ないといった利点もあります。本当に必要な個所を選んでから短時間にレーザー光を照射させるため、痛みも少なくこうした症状やタトゥーを取り除くための治療を行うことができるのです。
このようにピコレーザーにはこれまで使用されてきたレーザーと比較すると、よりスピーディによりきれいかつ痛みも少なく施術することが可能になり、肌により優しいレーザー施術が可能になったということなのです。そのため、気になるシミやくすみ等の気になる悩みをきれいにして、小さなターゲットまでピンポイントに作用してくれるのです。そのためこうした新しい仕組みによる施術はこれからも注目されていくといえます。
ピコレーザーはスピーディにターゲットに作用することができ、それ以外の周囲の細胞に対する熱影響や痛みが少ないと言うメリットがある新しい美容医療の施術機器で、これからきれいな肌になりたいという人などから注目されています。