ピコレーザーNAVI

   

ピコレーザーで失敗した時に起こりうる後遺症

医療機器は進化しており、現代においてはレーザーを使った治療器具は多くの医療現場で使われています。その中でも肌の悩みを解決することが出来ると評判になっているのがピコレーザーです。

レーザーは、光を増幅して放射したものすが、光には波長がありそれぞれに特徴があるものです。可視光領域以外にも紫外線やX線などの短い波長や赤外線のような長い波長があり、それぞれにエネルギーがあって、それが細胞に当たることによって何らかの作用が働きます。一般的にレーザーを治療目的で使う場合には、メスのように切開をするために使われたり、切開に至らずに熱を加えることによって凝固させるといった方法として使われ、また皮膚ではほくろやメラニンの除去に使われるものです。美容整形の分野では、ほくろやメラニンの除去などに使われていますが、ピコレーザーはそのひとつになります。

ピコレーザーの目的は微細な粒子の破壊を目的としたもので、ピコ秒(1兆分の1秒)だけレーザーを照射するものです。レーザーそのものは、さまざまな波長があり皮膚の深い場所まで到達しますが、秒以下の単位でも長く照射するほど細胞へのダメージが大きくなります。一方で照射時間が短ければ効果が薄れるわけではないため、ほんの一瞬、ピコ秒単位であっても照射しても十分に効果を得ることができる一方で細胞へのダメージが小さいということになり、このあたりがさまざまな分野で使われる理由です。特に使われる分野はほくろやメラニンの除去で、これらはレーザーが色素に反応して、その色素を破壊して身体が吸収されることで、無くすというものになります。また細胞が適度に傷つけられると修復が行われますが、このさいにコラーゲンなどが増えるため皮膚の若返りにも使われるものです。

ピコレーザーにはいくつかの種類があり、代表的なものはピコフラクショナルとピコトーニングがあります。ピコフラクショナルは、FOCUS照射を肌を傷つけずに真皮のコラーゲンなどを増加させるというものです。レーザー光はフラクショナル状(点状)にして一定の面積で照射して効果的に細胞を適度に傷つけ修復による若返りを促すというもので、メリットは、従来のフラクショナルレーザーと比べて皮膚へのダメージが少なくダウンタイムが短いといったことが挙げられます。
またピコトーニングは弱いレーザーを照射することで色素を薄めるというものです。これらはほくろなどの大きな色素の集まりではなく比較的、薄いしみやくすみなどに使われます。ピコフラクショナルの出力を抑えたものといえますが、ピコレーザーを使うことで肌へのダメージが小さいメリットがあるものです。

皮膚へレーザーを照射することは、失敗やそれによる後遺症のリスクが存在します。もっともピコレーザーはダメージの少ないものですから失敗のリスクはかなり小さいものです。それでも考えられることは、重度なものは火傷のような状態になる、火傷によって皮膚の質感が異なるといった事や、赤みが引かない、痛みが治まらないといったものです。また施術者のスキルでは均一な施術が行われず皮膚が斑のような状態になることも考えられます。これらはレーザー治療器を使った場合に起こりうるものです。

原因としては、施術者が適切な機器の設定をしていなかったり、何度も同じ場所にレーザーを照射してしまったケースが考えられます。また利用者の皮膚の状態が良くない場合にも起こりえますから、それらを見誤ることでも起こりうることです。赤みや痛みは時間が経過すれば自然と治まる可能性がありますが、火傷にまで達すると辛い後遺症に悩まされることになるため、利用するさいには経験と実績のあるところを選ぶことがリスクを避ける上では大事です。

ほくろ除去 , コラーゲン , ダウンタイム , トーニング , ピコフラクショナル , 後遺症