ピコレーザーNAVI

   

ピコレーザーによる水ぶくれについて

ピコレーザーは最新のテクノロジーを搭載した次世代のレーザー機器です。従来はナノ秒発振のレーザーがしみ治療などに使われていました。ピコレーザーは1000分の1秒であるピコ秒発振により治療を行うため、さらに高い効果が期待できます。従来のものよりも短時間で痛みが少なく綺麗に仕上げることができるというメリットがあります。微細な粒子や色素なども破壊することが可能です。この最新のレーザー機器はシミ取りやピコトーニング、ピコフラクショナルやタトゥー除去などに利用されます。ピコトーニングでは肌のくすみを取り若返らせます。一方で傷跡やニキビ跡の改善、肌質の改善などを図るのがピコフラクショナルです。
最新のレーザーの照射強度は水ぶくれになるほど強くがありません。基本的に安心して肌の治療を行うことができます。ピコ秒発振によるレーザーはナノレーザーに比べるとパルス幅が短いのが特徴です。皮膚内部にあるメラニン色素やタトゥーの色素を破壊することができます。従来使用されていたナノレーザーでは皮膚表面に照射の影響が出るのが通常でした。そのためしみ取りや美白を行う場合にも水ぶくれになる可能性があります。また色素を破壊するには何度もレーザーを照射しなければなりません。照射時間や回数が多いため肌がダメージを受けることがありました。最新のレーザーは色素に直接照射することができるので、短時間で細かく色素を破壊することができます。肌表面に照射の影響がないので、水ぶくれや赤みによるダウンタイムも短くなります。しみ取りや美白を行うのであれば、肌にトラブルが起きる心配はありません。ただしタトゥー除去を行う場合は肌が水ぶくれになる可能性があります。
タトゥーの除去はしみ取りや美白よりも強いレーザー光線を照射して行います。墨が肌の深層に注入されると白血球などの働きで分解されることがなくなります。タトゥーはしみなどと比べると肌の深い部分にあるので、完全に消すには時間と手間が必要です。そのため肌に大きな負担がかかります。またタトゥーを除去した直後は患部が白くなり、照射した範囲には赤みが見られます。肌が白くなった部分は1日が経過すると水ぶくれや赤みに変化する可能性があります。しみ取りや美白の場合はそれほど強いレーザー光線を使用しないので、肌にトラブルが起こる心配は基本的にありません。しかしタトゥーを除去する場合は強いレーザー光線を照射しなければならないため、肌にトラブルが発生することが考えられます。さらにピコレーザーはカラータトゥーも除去することができます。カラーのタトゥーをレーザーで除去する場合も肌にトラブルが起こる可能性があります。通常のタトゥーと比較して照射強度が強くなり時間もかかります。水ぶくれになる可能性が高くなるので注意が必要です。
ピコレーザーでしみ取りや美白をする場合、肌がふくれる可能性はそれほど高くありません。もし肌がふくれてきた場合は潰したりせずにそのままにしておくか軟膏を塗ってガーゼを当てます。誤って潰すと色素沈着が起きる可能性があります。ピコレーザーは従来のものと比較してダウンタイムが非常に短いのが特徴です。施術してから日常生活に支障がない状態になるまで24時間ほどで済みます。従来のナノレーザーは施術後5日前後のダウンタイムが必要でした。最新のレーザーでは大幅にダウンタイムが短くなっています。休日の前日に施術を受ければ、スムーズに仕事へ復帰することができます。
ピコレーザーを使用する場合、基本的に肌がふくれるなどのトラブルが発生する心配はありません。ただしタトゥーの除去をする場合のように強いレーザー光線を長時間当てるとトラブルが発生しやすくなります。肌がふくれた場合は潰したりせず、そっとしておくか軟膏を塗ってガーゼなどを当てることが重要です。

くすみ , シミ , タトゥー除去 , ダウンタイム , ニキビ跡 , 美肌