ピコレーザーNAVI

   

ピコレーザーで美肌になることができる!

美容外科にはピコレーザーと呼ばれるものがあります。これは従来まで使っていたQスイッチレーザーよりも高い治療効果を得られるのが特徴の機器で、シミやシワといった悩みを解決できる能力も持つのがメリットです。ピコレーザーは種類が多く、商品によってカラータトゥーを除去できる効果を持つものもあります。微細な粒子の破壊を可能にしたレーザー照射器で1兆分の1秒だけレーザーを照射する能力を持つ商品です。
照射時間は従来のレーザーよりもかなり短かく真皮膚を刺激して美肌に導いてくれます。施術時間は約20分で施術期間は2週間から4週間です。ピコレーザーの種類を紹介するとピコフラクショナルと呼ばれるものがあるのですが、こちらはFOCUS照射を使い肌を傷つけずに処理できます。従来のフラクショナルレーザーは7日程度のダウンタイムがありましたが、こちらはダウンタイムがかなり少ないです。
ピコトーニングは弱いレーザーを照射して色素を薄める効果を持っています。トーニングは長い波長を持ち、皮膚の深部までレーザー光線が届くように工夫されているのが特徴です。これによりコラーゲン生成をする効果を得られるので美容に役立つでしょう。こちらはフラクショナルレーザーよりも力が弱めに設定されているのが特徴、その分肌への刺激も少ないので肌の弱い人でも安心して利用できます。色素破壊を行えるのが特徴なのでしみやくすみだけでなくそばかすや肝斑の処理にも適しているのがメリットです。
同時に皮膚を刺激してコラーゲンの生成を促せるので美容効果を期待できるのも強みと言えます。肌のハリがなくなってきた方にもおすすめの機器なので検討してみるといいでしょう。頑固なニキビ跡にも効果的なレーザーで長期間残ってしまうニキビ跡も瞬時に処理してくれます。ピコレーザーはニキビにより損傷した肌細胞の再生に役立つものです。
ニキビは基本的に角栓と呼ばれる塊が毛穴を詰まらせて発生する、皮脂が体外に排出されず毛穴に潜むアクネ菌がそれを食べて増殖します。その際肌が腫れてしまうため細胞が破壊されてニキビ跡がなくなったときにクレーターが残ってしまうのがネックです。ピコレーザーを使うと肌細胞の再生を促進させる効果を期待できるため、コラーゲン生成が起こります。そうすると毛細血管の損傷した部分にコラーゲン量が増えて再生してくれるので結果的に改善できるのが特徴です。
顔だけでなく乳首や乳輪の黒ずみにも対応可能、レーザーによりきれいに除去できます。美容目的で使う場合は2回程度利用するといいでしょう。タトゥー除去をしたいときには5回程度の利用をします。レーザーを受けるときに気になるのは安全性と言えるでしょう。基本的に照射時間が短いためほとんど赤みが出ないです。ダウンタイムもほぼ無いのが魅力なので施術後はすぐに日常生活に戻れます。
実際にレーザーを利用したいときにクリニックを利用することになるのですが、その際選び方があるので知っておくといいですレーザーを使う施術なので技術力が必要になる、これは各クリニックの施術実績を調べておくといいでしょう。実績が多いところは長年作業を行っているので確かな腕があります。
またどのような施術に長けているのかもチェックする部分です。タトゥー処理に長けているのか、美容関係に長けているのかで使い分けるのが基本と言えます。利用金額ですが約000円程度で施術箇所により変化するのが特徴です。多くの場所を施術するとその分料金も増すので確認しておきましょう。クリニック選びをするときに公式ホームページをチェックして料金がはっきり書かれているところがおすすめです。

くすみ , コラーゲン , シミ , シワ , タトゥー除去 , ダウンタイム , ニキビ跡 , ピコフラクショナル , 美肌 , 肝斑