シミ取りレーザーピコレーザーの後とアフターケア! テープ?かさぶたはどうする?

トピックス

シミ取りレーザーのピコレーザーとは

従来、肌の表面にあるシミなどを治療する際に使われていたのはQスイッチレーザーというものでしたが、現在は更に照射時間を少なくすることが出来るピコレーザートーニングというシミ取りレーザーが出てきています。ピコ秒とは1兆分の1秒の単位であり、そのとても短い時間での照射が可能になって弱い出力でも皮膚の奥深くまでレーザーが届くのです。
ピコレーザーの特徴は色素の消失が早いことです。ですからシミだけではなく、従来のレーザーでは消えなかったカラーの刺青にも対応が可能です。レーザーによって細かく砕かれたメラニン色素はマクロファージと呼ばれる掃除約の細胞に食べられてリンパ管を通して消えますが、ピコレーザーでは従来のものより粒子がかなり細かくなりますので素早く色素が消失するのです。そのため、刺激もダウンタイムもとても少なく、体への負担もかなり軽くすることが出来ます。

シミ取りレーザー ピコレーザーの後のアフターケア テープや軟膏

ピコレーザートーニングの後は軟膏を塗る

ピコレーザーによるシミとりは約数分で終わり、軟膏が処方されます。ピコレーザートーニングのお肌はダメージをうけやすいので、軟膏を塗るのがいいです。希望があれば通院して様子をみることもありますが、基本的には1度の治療で終わりとされています。今までのレーザー治療では長くかかっていたダウンタイムが少ない、という嬉しい特徴もあるピコレーザーはシミ取りレーザー界の救世主とも言えます。

ピコレーザーの後のテープは必要?

レーザー治療後に使う保護テープには、照射部を刺激から保護する役割があります。どんな刺激かというと、摩擦・紫外線・水分の蒸発を防ぐなど。これらの刺激から照射部の肌をまもりカサブタができる前の肌と、カサブタができてからも無理にはがれることの無いようにする役目

引用元:シミレーザー治療後のテープ問題

従来のレーザーと比較し、ピコレーザートーニングは刺激が少ないこともあり、ピコレーザーの施術後にテープをしない病院もありますが、上記の通り、レーザー治療後の肌は、繊細です。守ってあげるという意味でも、テープをしたほうがベターです。ピコレーザートーニングの後に、紫外線を多く浴びてしまえば、シミは再発してしまいます。シミ消えないと悩まないためにも、シミ取りレーザーの治療後も、施術に満足せず、紫外線対策を継続的に行うことが大切です。

ピコレーザー後にシミが取れない? 効果がない?

また、レーザー治療後に、シミが消えないことや、シミがとれないことで、効果がなかったのではないかと心配になる方もいらっしゃいます。シミが濃くなってしまった場合は、炎症後色素沈着が一時的に起こっている可能性が高いです。そうなる前に、しっかりとした保湿をすることが大切です。ピコレーザートーニング照射後は、すぐにきれいなお肌になるわけではありません。「ピコレーザートーニングシミ取り失敗した」とならないためにも、レーザー後のダウンタイム時期に、軟膏を塗ることや、紫外線対策をし続けることで、きれいな肌になることが実感できます。過去のレーザーと比較して、ピコレーザーは炎症を起こす確率は低くなりましたが、もしも心配な方は、担当医と相談することをおすすめします。

かさぶたが取れた後赤い場合は?

 

赤みが残っている場合は数週間ステロイドのクリームを塗っておく方が良いでしょう。 赤みをそのままになっていると、炎症性の色素沈着になってしまう心配もありますので、なるべく早くに赤みを抑えるためです。 経過を見てもらう為に、再度の受診をお薦めします。

引用元:レーザーのかさぶたが取れた後の赤みを良くするには

ピコレーザーや、他のシミ取りレーザー後かさぶたができることがあります。そのかさぶたが取れた後で、赤みが残っている場合は、そのまま放置してしまうと、色が残ってしまうので、紫外線対策や、美白効果のあるクリーム、ステロイドのクリーム等をるといいです。

ピコレーザートーニング後の洗顔やシャワーは濡らさなけばOK

そしてこれまでのレーザー治療では危険視されていた洗顔やシャワー、メイクは患部を濡らさなければ施術当日から大丈夫ですし、お風呂にも翌日から入ることができます。

アフターケアとして美白内服薬とハイドロキノンがおすすめ

アフターケアは美白内服薬とハイドロキノンクリームの併用をすすめられることが多いでしょう。レーザー治療した幹部は1~2ヶ月ぐらいで二次性の色素沈着になる場合がありますので、ハイドロキノンと呼ばれる美白クリームを患部にぬって予防する必要があります。
注意事項はアフターケアと重なる部分が多いですが、まずは施術後の日焼けは絶対に避けましょう。患部は非常に敏感な状態になっていますから、きちんとしたUVケアなしに外出するなどをするとまたそこがシミになってしまいます。日中は必ず日焼け止めをぬってケアをし、状態にもよりますがひりひり感が続く場合には処方された軟膏を患部にぬるようにしましょう。

ピコレーザー治療後のかさぶたは剥がさない!

ピコレーザートーニング治療したあとの患部は大変デリケートですから、極力こすらないように気をつける必要があります。かさぶたが出来てはがれた後は赤みが出るケースもありますが、それは徐々に改善しますのであまり心配しないで大丈夫です。外的刺激や紫外線によって炎症性色素沈着が起こる可能性がありますので、かさぶたの時には無理に自分で剥がさないようにしましょう。

ピコレーザーの後は水ぶくれができることも

なお、時々水ぶくれが出来ることがありますが、それは一過性の反応ですからむやみに気にする必要はありません。1週間程度我慢すれば肌は綺麗に戻りますので安心しましょう。水ぶくれが出来てしまった時には、出来るだけ潰さないよう注意してください。それでも潰れてしまうことがあるかと思いますが、その時にふにゃふにゃになった皮膚を無理やりはがすのはやめましょう。皮膚は天然の絆創膏ですからそのまま放置させておけば、張り付いてかぴかぴに乾き、1週間程度ではがれ落ちます。その頃には元の綺麗な肌が戻っていますので、しばらく辛抱して下さい。

ダウンタイムは短くなったかがピコレーザーの効果は高い

従来のレーザー治療に比べると格段に手間もお金もかからず、体への負担も少ないピコレーザーですが、ダウンタイムはかなり短くなったとはいえちゃんとあります。必要以上に恐れたり神経質になったりする必要はありませんが、医者に言われたことはきちんと守り、刺激を与えないようにしてUVケアをし、乱暴に患部を触らないようにしましょう。大体1週間程度の我慢で綺麗な肌を手に入れることが出来ます。

 

タイトルとURLをコピーしました