シミにはピコレーザーやライムライトが有効的です

シミを治療するのにいくつか方法があり、できたシミそのものを除去する方法やお肌のターンオーバーを促進する方法があります。できたシミへの治療方法として、シミやそばかすなどを根本から除去する光治療やレーザーが便利です。シミやそばかすは光エネルギーを利用し治療することが多く、光エネルギーは黒や赤などの色素に吸収される特徴があり、黒いメラニンにおいて吸収された光は熱エネルギーに変化されメラニンを分解することができます。細かく分解したメラニンは体の中に取り込まれ分解されたり、お肌の表面に浮き上がり後日かさぶたになって剥がれ落ちる仕組みです。これらを繰り返すことによってメラニンを除去しシミやそばかすを治療することができます。光は波長によりいろいろな種類があり、光治療の場合複数の波長が混ざったものを使用していて、レーザー治療の場合1つの波長を使って治療を行っています。シミやそばかすの光治療の場合、複数の波長を顔にフラッシュを浴びせ、シミやそばかす、ニキビ跡や赤みなどを同時に改善することが可能です。お肌の浅い層に作用することができ、特に薄いシミに効果的です。顔全体のトーンを改善することができ、照射時間が比較的長めで効果が穏やかですがダウンタイムがほとんどありません。シミやそばかすのレーザー治療の場合、一つの波長でスポット的に照射することができ、光治療とは少し異なりシミの色や存在する部位に応じて波長を選択しながら照射することが可能です。レーザーはお肌の浅い層や深い層も届けることができ、皮膚の深い部位にある真皮層のコラーゲンも活性化することができるので、お肌のハリやターンオーバーなどを促進することができます。照射時間が短く熱の広がりも少なく、他の皮膚組織を傷つけないで深いシミやアザなどを除去することができるでしょう。光治療である「ライムライト」は日本人のお肌に合わせて開発された治療器です。基本的にフォトフェイシャルは欧米の人向けに開発された機械になるので、日本人のお肌には合わないことがありました。しかしこのライムライトは日本人のお肌に対して臨床試験を行いながら開発されたので、日本人に多くある薄いシミに特に効果を発揮することができます。従来の光治療と比較すると照射した時の痛みが軽減されていて、ライムライトは520~1,100nmの幅広い波長を顔全体に照射することが可能です。そのためシミやそばかすなどのお肌の色調を改善することができ、毛穴の開きや小じわも一緒に改善していくので混在したお肌のトラブルを解決することができます。施術時間は顔全体の場合約10分間で、基本的には繰り返し施術を受けることによって更に効果を高めることが可能です。3ヶ月に1回ぐらいを目安にして治療を続けると良いでしょう。ピコレーザーは短いピコ秒の照射時間で痛みのない治療を受けることができます。ピコレーザーは従来のレーザーと比較すると非常に短い時間で照射することができ、例えばQスイッチレーザーの1/1000という「ピコ秒」で照射することが可能です。従来のレーザーによるシミ治療はナノ秒までが限界でしたが、ピコレーザーによって皮膚表面に与えるダメージを少なくしながら治療することができます。ダウンタイムがほとんどなく赤みはすぐに消失するでしょう。ピコレーザートーニングを受けることによってお肌に優しく、スピーディに肝斑治療を行うことができたり、しみやそばかす、くすみや色ムラにも有効的です。トレーニングすることでメラニン量が少なくなり、お肌全体のホワイトニングも可能です。毛穴の引き締めに効果があり、施術時間は20分程度で、2~4週間に1回照射することになります。ダウンタイムはほとんどなく、効率良く気になるシミを除去することが可能です。